バラの飾りずし

バラの飾りずし

材料( 2人分 )

すし飯
100g
ほぐした明太子
小さじ山盛り3
1個
砂糖
小さじ1
料理酒
小さじ1
ひとつまみ
水溶き片栗粉
小さじ1
サラダ油
少々
野沢菜(茎部分)
少々
すし飯
150g前後
海苔
1枚

作り方

  1. すし飯100gに明太子を加え、混ぜ合わせます。野沢菜は棒状に細長く切ります。
  2. 薄焼き卵を作ります。卵、砂糖、料理酒、塩、水溶き片栗粉を合わせ、サラダ油をひいたフライパンで1枚焼きます。円形の薄焼き卵の両端を折り、横幅が17cmくらいになるように折り曲げます。
  3. 2.の手前4/3に明太子入りのすし飯を全体にのせ、巻きすを使ってきつめに巻きます。ラップに包んで冷蔵庫で十分に冷やします。(冷やすと少し固くなって次の工程がやりやすくなります。)
  4. 海苔に薄くすし飯を敷き詰め(海苔の端2cmはすし飯をのせずに残します。)、2か所に野沢菜を平行に並べます。3.をのせ、巻きすを使って巻きます。海苔が落ち着いたらよく切れる包丁で輪切りにして、出来上がりです。

食育レシピのアドバイス

*〜 寿司 〜*

 寿司の歴史とはどんなものでしょう?

 その起源は東南アジアと言われています。川魚の保存法として米などの穀類と炊いたものと一緒に漬け込み、米の発酵を利用して魚を保存していました。これが中国、朝鮮半島を経由して、奈良時代に日本に伝わったそうです。

 奈良時代に食べられていたものは川魚が使われていました。発酵により形は崩れ、見た目も味も今とは全く異なる、熟れずしが主流でした。

 酢飯や海の魚が使われるようになったのは安土桃山時代のこと。握り寿司が誕生したのは江戸時代です。戦前までは1貫の大きさが小さなおにぎり位あったそうです。それが次第にすし飯の量が減り、すしダネが大きくなってきました。

 高級な食事のイメージがあった寿司も、今はずいぶん大衆化されてきました。ハンバーグやアボカドがすしダネになったりと寿司は今も変化し続けてますね。
 
 未来の寿司はどんな味かしら。
 

 
 
 

クルー てつひろさん
詳しくはコチラ

てつひろさんの食育日記

てつひろさんの日記一覧

ユーザーからのコメント

※コメントがありません

お名前:
コメント:
 

トラックバック(0件)  ※操作にはログインが必要です

トラックバック先(0件)

食育.jpは、手づくり・保存料無添加のお惣菜を宅配するお惣菜専門店じゃがいもが運営しています。
運営企業新規会員(無料)募集広告掲載について利用規約プライバシーポリシーヘルプQ&Aお問い合せ